木村伊兵衛が捉えたパリの写真展-ライカ銀座店

「パリ祭 祭りの始まり」パリ 1955年

「パリ祭 祭りの始まり」パリ 1955年

  •  
  •  

 ライカ銀座店(中央区銀座6、TEL 03-6215-7070)は10月25日より、木村伊兵衛写真展「Paris」を開催する。

 木村伊兵衛は1901年東京・下谷で生まれ、昭和初期に、写真雑誌「光画」同人として発表した作品などで名声を確立した。1950年に日本写真家協会を設立、会長に就任。パリや中国など活動の幅を広げ世界的に知られるようになってからも身近な下町を撮り続けた写真家として知られる。1974年、日暮里の自宅で逝去。

[広告]

 同展では、パリの街を題材としたモノクロ写真14点を展示。「街を背景にした人物の自然な表情を捉えたものが中心。」(同社広報担当者)という。

 開催時間は11時~19時。2007年1月21日まで。月曜休廊。入場無料。

ライカカメラ

  • はてなブックマークに追加