天気予報

32

25

みん経トピックス

銀座で「シカT」初の個展

エルメスのギャラリースペースで「木村伊兵衛のパリ」展

  • 0
エルメスのギャラリースペースで「木村伊兵衛のパリ」展

会場の様子 ©Nacása&Partners Courtesy of Hermès Japon

写真を拡大 地図を拡大

 メゾンエルメス(中央区銀座5、TEL 03-3569-3611)は10月28日から、8階ギャラリースペース「フォーラム」で「木村伊兵衛のパリ」展を開催している。木村伊兵衛は「ライカ使いの名手」として知られる写真家で、晩年は写真雑誌「アサヒカメラ」誌面のコーナー「ニューフェース診断室」で実写担当ドクターを勤めた。1974年逝去。

 同店増床に伴い、これまで閉鎖していたフォーラムのリニューアルオープン後初の展覧会となる同展は、木村伊兵衛が1950年代のパリをカラーで捉えた写真展。今夏出版された「木村伊兵衛のパリ Kimura Ihei in Paris: Photographs, 1954-1955」(朝日新聞社)で紹介されている作品の中からセレクトした約100点を展示する。

 写真は50年代のポジフィルムをデジタル化、インクジェットでプリントした。空間デザインは、「iittala(イッタラ)」「ドリアデ」などのインテリア企業とデザイン活動を展開しているインダストリアル・デザイナー、コンスタンティン・グルチッチさんが担当。写真を大きく引き伸ばしたものや、パリの庭やカフェの軒先にある典型的なテーブルの形に着想を得たという大きなテーブル6台の上に額装された写真を展示している。

 グルチッチさんは「『木村伊兵衛のパリ』の写真群を見た際、プライベートで親密な木村の視点を感じ非常にパーソナルな世界をイメージした。家の中にある書斎や暖炉の上などに額装された家族の写真が置かれているような情景を思い描きながらあえて壁面を使用せず、フォーラムならではの作品との出会いの場を作りたいと考え、展示空間をデザインした」という。

 今年のエルメスのテーマは「エール・ドゥ・パリ(パリの空気)」。リニューアルに改めてフォーカスをあてたプログラムを紹介している。

 開催時間は11時~19時。最終入場は18時30分。来年1月21日までで、会期中は無休(11月15日、12月30日~1月2日、1月17日は除く)。入場無料。また、10階のプライベートシネマ「ル・ステュディオ」では、60年代を代表するヌーヴェル・ヴァーグ作品「パリところどころ」を上映中。毎週土曜のみ上映、要予約。(平日9時30分~18時)

グローバルフォトニュース