食べる

銀座三越バレンタインに60ショコラティエ、ベルギーから初上陸2ブランドも

ベルギーショコラ界の新進ブランド「ブノワ・ニアン」が初上陸

ベルギーショコラ界の新進ブランド「ブノワ・ニアン」が初上陸

  •  
  •  

 銀座三越(中央区銀座4)8階で1月30日、日本初上陸ショコラティエ2ブランドを含めた約60ブランドが国内外から集まる取りそろえたバレンタイン企画「GINZA Sweets Collection 2013」が始まった。

チョコ製リップスティック(チョコレートライン、1個945円)

 多彩なチョコレートを国内外から一堂に集める同企画。今年はチョコの背景にあるストーリーを伝えることでチョコの奥深さを知ってもらおうと、カカオの種類や生産地、ショコラティエの技術力・想像力、カカオ以外のチョコに組み合わせる素材の成り立ちと、3つの切り口を設けて60ブランドを紹介。特にベルギーチョコに力を入れ、日本初上陸となる2ブランドも招致した。

[広告]

 初上陸するブランドは、奇才ドミニク・ペルソーネさんが手掛ける「チョコレートライン」と、30歳で製鉄メーカーのエンジニアからショコラティエへ転職したブノワ・ニワンさんによる冠名ブランド。チョコレートラインはカレー、コーラ、葉巻味などユニークな発想で商品展開。今回はチョコと世界中のテイストを組み合わせたボックス「スパークリング ブルージュ」(8個入り、2,940円)のほか、チョコレート製のリップスティック(1個945円)やチューブ型のボディークリーム(一本1,470円)などが並ぶ。

 ブノワ・ニアンからは、「ブノワMix3種」(1箱、1,260円)のほか、ニアンさん自身がカカオ豆から作るクーベルチュール「カカオフェヴィエ」(8枚入り、2,520円)、自家製プラリネや自家製ガナッシュなどが楽しめるアソート「レクタングル」(5個入り、1,680円)など10種類を取りそろえた。

 店頭ではほかに、パン、ソフトクリーム、ケーキ、ドリンクなどチョコレートスイーツもラインアップ。2,000円~3,000円を中心に、「本格派」「王道」のラインアップにも力を入れる。

 営業時間は10時~20時。2月14日まで。

  • はてなブックマークに追加