食べる

銀座に「中東各国料理」店-オーナーの中東への思い、かなう

「中東Kitchen & Bar MishMish」オーナーの草野サトルさん

「中東Kitchen & Bar MishMish」オーナーの草野サトルさん

  •  

 銀座に8月4日、「中東Kitchen & Bar MishMish(ミシュミシュ)」(中央区銀座6)がオープンした。

中東Kitchen & Bar MishMishの「ビーフケバブ」

 「日本初の中東各国料理店」を掲げる同店。店主は愛知県出身で36歳の草野サトルさん。20代前半から中東地域に興味を抱き、語学学校でのアラビア語の習得、レバノン料理店勤務、NGOでの活動などを通して中東の文化に関わってきた。

[広告]

 国際協力イベント「グローバルフェスティバル」で運営委員を務めたことがきっかけでアラブ行きを決意。パレスチナ、シリア、ヨルダン、エジプト、チュニジア、モロッコなど中東、北アフリカ各国を巡ってさまざまな文化・宗教・習慣に触れるうち、「一番身近に感じてもらえる『食文化』を通して、もっと多くの日本人に中東について知ってもらいたい」と、「中東各国料理店」の開店を考えるようになった。

 帰国後、昼はサラリーマン、夜は飲食店勤務をして資金をため、今回のオープンにこぎ着けた。

 「中東地域は砂漠地帯や紛争地帯といったイメージがあるが、市場にはさまざまな野菜が並ぶ。優しくて飾らない人たちが多く暮らしており、おばあちゃんが作るような家庭料理が本当においしい。そのおいしさをそのまま日本に持ってきたかった」と草野さん。

 料理は日によって変わるが、「トルコ産フェタチーズのサラダ」「タッブーレ(レバノンのパセリサラダ)」「フムス(ひよこ豆のペースト)」「フブズ(アラビックピタパン)」「ファラフェル(ビーガン野菜フライ)ゴマソースを添えて」「クレオパトラのモロヘーヤスープ」「北アフリカ風、鶏の丸焼き」など、7~10品の料理に3時間飲み放題が付く「MishMishコース」(3,780円)、2~3品の料理と2時間飲み放題の「ちょい飲みコース」(2,700円)、7~10品の料理と3時間飲み放題の「中東ワイン&百種カクテルコース」(4,860円)などのコースを用意する(飲み放題のドリンクはコースによって異なる)。

 ドリンクはレバノンワインをはじめ中東各国のワインを取りそろえるほか、ドイツ、チュニジア、レバノンなどのビール、ブランデー、リキュール類、サワー、カクテルなども用意する。

 40分~1時間をかけて楽しむ「水たばこ」(1,080円)も提供するほか、ベリーダンスショーの開催(不定期)などを通して「気軽に中東文化と触れ合える場所」を目指す。

 営業時間は17時~24時。日曜・祝日定休。