銀座三越、催物会場メーンにバレンタイン-ショコラバーも

  •  
  •  

 銀座三越(中央区銀座4、TEL 03-3562-1111)は1月23日から、「銀座三越バレンタインフェア2007」を開催している。

 同店では今年、同店のみで展開する14ブランドを含め全70ブランドのチョコレートを取り揃える。現在は地階洋菓子売り場などでバレンタインチョコレートの販売を行っており、同店限定で取り扱う「アメデイ」の「メディタツィオーネ」、「オッジ」の「ラミーナ ディ ショコラータ」、「サティ」の「アソーティモ ドゥ ショコラ」などを提供している。

[広告]

 2月1日からは、1階エントランスコートでコーナー企画「GINZA Class Sweets Selection」を展開、「リシャール」「デルレイ」「ピエールマルコリーニ」「ゴディバ」「ピエールエルメ」のチョコレートを販売。2月7日からは、今年から初めて8階催物会場を「バレンタインメーン会場」とし、「GINZA Class Sweets World」を展開。映画「マリー・アントワネット」内にも登場した「ラデュレ」、ヴィクトル・ユーゴーが絶賛したという「ボワシエ」、日本では同店のみの販売となるイギリスの「シャボネル・エ・ウォーカー」などを紹介する。

 会場の一角では、「ヴァローナ」「アメデイ」「シャボネル・エ・ウォーカー」の3ブランドがショコラバーを展開し、チョコレートとシェリー酒、紅茶などを楽しむことができる。そのほか、銀座郵便局特別出張所が「バレンタイン郵便局」を開設し、チョコレートの郵送ニーズに対応する。

 同店は2月9日、13日の2日間1階~地下2階までのフロアの営業時間を延長し21時まで販売を行う。

銀座三越

  • はてなブックマークに追加