3密を避けて新しい生活様式へ!

買う

松屋銀座に「マロニエ通り館」 海外観光客向け化粧品カウンターも

「松屋銀座マロニエ通り館」オープニングセレモニーの様子

「松屋銀座マロニエ通り館」オープニングセレモニーの様子

  • 0

  •  

 松屋の新しい店舗「松屋銀座マロニエ通り館」(銀座3)と海外観光客向け化粧品カウンター「TOURIST Shop&Lounge」(中央区銀座3)が9月30日、オープンした。

「TOURIST Shop&Lounge」の店内風景

 同館は、「アニエスベー」の日本初のフルラインアップショップを核店舗とし、学生服売り場など「専門性の高い」売り場を集約するほか、松屋が「強み」とする催事のイベントスペースを設け、さまざまなオケージョンに対応する催事を展開する。

[広告]

 初日の30日にはオープニングセレモニーが行われ、スペシャルゲストとして豊田エリーさんが登場し、テープカットを行った。

 松屋銀座第 1駐車場 2階にオープンした「TOURIST Shop&Lounge」は中国人をはじめとする買い物時間の限られた海外観光客に対してよりスムーズな対応で購入時間の短縮につなげ、「より良い買物環境とサービス」を提供していくことなどを目的としているという。

 売り場面積は約40坪で、出店ブランドは「資生堂」「クレ・ド・ポー ボーテ」「SK-II」「DHC」の4ブランド。初年度は年間約4億1,000万円を売り上げ目標に掲げる。

 「資生堂」「クレ・ド・ポー ボーテ」「SK-II」は、中国語や英語を話せるバイリンガルのビューティーアドバイザー・ビューティーカウンセラーが常駐し、カウンセリング販売を行う。「DHC」は専門知識をもった経験豊富なショップアテンダントと通訳が常駐し、カウンセリング販売を行う。

 そのほか、ネットを利用したお取り寄せサービス「tabモール」の外国語版「+81モール」の受付カウンターを同スペースに設置。訪日前にネットで商品を予約し、取り寄せできるシステムも提供する。

 古屋毅彦銀座本店長は「化粧品のお試しやお取り寄せ、決済や免税までこの場所で一気にできる。この1年でさらに増えた外国人観光客の方にこちらを利用していただくことで、日本人のお客さまは本館の化粧品売り場で、ゆったりお買い物ができるのでは」と話す。

 営業時間は10時~20時。