食べる

日比谷公園で全国の「地元めし」を集めたグルメイベント 会場限定メニューも

札幌九兵衛の「活ボタンえびのせいくら丼」

札幌九兵衛の「活ボタンえびのせいくら丼」

  • 1

  •  

 日比谷公園大噴水前広場で4月6日から、「第4回地元めしフェス『クオーゼイ』in日比谷」が開催される。

昨年の「地元めしフェス」の様子

[広告]

 同フェスは、国内各地の広告会社とその支社・営業所を含む54拠点で構成される「パートナーズネットワーク」参加会社が企画・運営する「食」と「観光」のイベント。

 地域の名店や「ご当地グルメ」を首都圏の人たちに紹介し、食文化を通して地域振興・観光促進を行うことを目指しており、昨年は20~30代を中心に約28万人が来場した。

 今回は「仙台セリ鍋うどん」(700円)を出品する三陸食堂えびす(宮城県)、「勝浦タンタンメン」(600円)の千葉うまかっぺ屋(千葉県)、「元祖うっふぷりん」(320円)のうっふぷりん(大阪府)など初出展22店を含むグルメブース60店、観光PRブース1店、協賛ブース4店が出展を予定する。

 新企画の「会場限定地元めし」では、札幌九兵衛(北海道)の「活ボタンえびのせいくら丼」(3,000円)、知床らうす舟木商店(北海道)の「蝦夷バフンウニ殻付焼」(600円)などを用意する。

 そのほか、昨年からの人気企画「ワンコイン地元めし」(500円)や日本各地の清涼飲料水の人気投票「ご当地ドリンクをノモーゼイ」(100円)などの企画も。

 同フェス実行委員会事務局長の工藤貴夫さんは「その場でお食事を楽しんでいただくのはもちろん、観光につなげ、地方都市の活性化になればという思いで開催している。懐かしい地元の味、新たな食文化の発見を体感していただければ」と話す。

 開催時間は10時~20時(最終日は18時まで)。入場無料。雨天決行、荒天中止。4月9日まで。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース