天気予報

15

11

みん経トピックス

PR

銀座に欧州旅行専門店銀座に「てんぷら山の上」

銀座の和菓子店で源氏ボタル観賞会 各階ではホタル関連商品を展開

銀座の和菓子店で源氏ボタル観賞会 各階ではホタル関連商品を展開

和菓子「銀座の蛍」

写真を拡大 地図を拡大

 「宗家 源 吉兆庵 銀座本店」(中央区銀座7)は6月5日から、2階特設会場で「源氏ボタル観賞会」を開催する。

過去の「源氏ボタル観賞会」会場の様子

 2004年にスタートし、今年で14回目を迎える同観賞会。昨年は、平日は会社帰りのビジネスパーソン、週末はカップルや家族連れなど、約1400人が来場した。週末には店外に行列ができ、入場を制限するほどだったという。

 例年同様、今年も昨年の観賞会で生まれた卵を岡山県の自然の中で育てた「銀座生まれ岡山育ち」のホタル約600匹を観賞できる予定。会場では観賞客に梅酒「梅ほたる」を振る舞うサービスも行う。

 期間中、1階には和菓子の材料である白餡(あん)、米粉、砂糖で作られ、色付けにも和菓子で使う着色料を使ったホタルの工芸菓子を展示。

 各階売り場や料理店では、和菓子「銀座の蛍」(194円、5個入り=1,080円)、懐石料理「蛍が舞う頃」(1万7,700円)などの限定メニューを販売・提供する。

 中原秀幸店長は「毎年多くのお客さまに来店いただいているこの観賞会は、産卵からふ化、そして成虫へと続くストーリーを大切にしている。日本の夏の風物詩であるホタルで季節を感じていただければ」と話す。

 開催時間は18時~21時(最終日は20時まで)。入場無料。6月11日まで。

グローバルフォトニュース