見る・遊ぶ

有楽町マリオンでイルミネーション 10万球の電球が「星空」描く

「有楽町マリオン イルミネーション『Starry sky 2018-2019』」

「有楽町マリオン イルミネーション『Starry sky 2018-2019』」

  •  

 有楽町マリオン(千代田区有楽町2)で現在、「有楽町マリオン イルミネーション『Starry sky 2018-2019』」が開催されている。

「有楽町マリオン イルミネーション『Starry sky 2018-2019』」

 今回が14回目となる同イルミネーションのメイン会場は、待ち合わせ場所としても知られる「マリオンクロック」前。過去最多の10万764球の電球を使い、星空をモチーフにしたイルミネーションを展開する。

[広告]

 イルミネーションの点灯中は30分に一度、天空オーバル、柱、ゲートのイルミネーションが約4分30秒間にわたって一斉にきらめく特別演出も行われる。

 開催初日の8日には点灯セレモニーが行われ、集まった人たちは、大坪泰子さんが主宰するハンドベルグループ「きりく・ハンドベルアンサンブル」の演奏を聞きながら、点灯の瞬間に立ち会った。

 点灯時間は16時30分~24時5分。来年2月14日まで。