見る・遊ぶ

京橋で金井訓志さん個展 「花、美しくも妖しいカタチ」がテーマの30点

金井訓志さんの作品

金井訓志さんの作品

  •  

 「金井訓志(さとし)展 -花、美しくも妖しいカタチ-」が12月8日、ギャラリー椿(中央区京橋3)で始まる。

金井訓志さんの作品

 金井訓志さんは1951(昭和26)年、群馬県生まれ。これまで第54回独立展での安田火災美術財団奨励賞など数々の賞を受賞し、個展・グループ展・アートフェアなどで作品を発表してきた。現在、独立美術協会会員。

[広告]

 ギャラリー椿では2~3年ごとに個展を開催している金井さん。今回はここ数年継続して描いてきた「花、美しくも妖しいカタチ」をテーマにした新作展で、0号~200号の作品約30点を展示する。

 金井さんは「花は植物にとって生命を次代に伝える命懸けの部分。それだけにさまざまな色と形が不思議で妖しくて美しい。その姿を借りて、線や色彩を遊ばせた造形を試みた」と話す。

 開廊時間は11時~18時30分。日曜休廊。今月22日まで。