見る・遊ぶ

ギンザ・ショートフィルム・コンテスト2019授賞式 最優秀作品賞は「金継ぎ」がテーマ

「GINZA SHORT FILM CONTEST 2019」の授賞式の様子

「GINZA SHORT FILM CONTEST 2019」の授賞式の様子

  •  
  •  

 短編映像コンテスト「GINZA SHORT FILM CONTEST(ギンザ・ショートフィルム・コンテスト) 2019」の授賞式が5月22日、GINZA PLACE 3階の「パノラマスペースcommon ginza」(中央区銀座5)で行われた。

 「GINZA SHORT FILM CONTEST」は、銀座の街全体が主体となって運営する初めての映像コンテスト。「型やぶり」をテーマに5分程度の映像で表現する作品を募集し、300人以上が応募した。

[広告]

 最優秀作品賞には、割れた陶磁器の継ぎ目に金や銀などの粉を蒔(ま)く伝統的な陶器の修理法「金継ぎ」を題材にしたシビラ・パトリチア監督の「UNBROKEN」が選ばれた。

 優秀作品賞には野口量監督の「Splendor」、審査員特別賞には勝野賢監督の「Don't Worry Be Happy」、銀座賞にはシュラーゲ・トビアス監督の「Like and Follow」、GILC賞には小田部俊彦監督の「テクノロジーと伝統芸能を用いた新たな表現への挑戦-鏡花水月-NIHONBUYO」がそれぞれ選ばれた。

  • はてなブックマークに追加