見る・遊ぶ

銀座の「ぎゃらりい秋華洞」で池永康晟さんの画集刊行記念展

池永康晟さんの作品「素顔・莉亜」

池永康晟さんの作品「素顔・莉亜」

  •  
  •  

 「池永康晟(やすなり)画集刊行記念展~少女百遍の鬱憂(うつゆう)~」が7月26日、ぎゃらりい秋華洞(中央区銀座6)で始まる。

池永康晟さんの作品「霧・らな」

 池永さんは1965(昭和40)年、大分県生まれの画家。自身で染め上げた麻布に岩絵具で「美人画」を描く。

[広告]

 池永さんの新しい画集「少女百遍の鬱憂」の刊行を記念して開催される同展では、画集のために描き下ろされた作品の展示を中心に、制作風景のパネル展示や画集の先行販売も行う。

 ぎゃらりい秋華洞広報の山田亜紀子さんは「少女という一瞬の時を閉じ込めた原画の迫力を、じかにご覧いただければ」と話す。

 開廊時間は10時~18時。入場無料。8月4日まで。

  • はてなブックマークに追加