食べる

銀座の「ボンゲンコーヒー」が2周年 和モダンな店内の盆栽楽しむ常連客も

「BONGEN COFFEE」の店内に置かれた盆栽

「BONGEN COFFEE」の店内に置かれた盆栽

  •  
  •  

 コーヒースタンド「BONGEN COFFEE(ボンゲンコーヒー)」(中央区銀座2)が12月15日、開店2周年を迎えた。

「抹茶ラテ」

 かねてからコーヒーと盆栽が好きだった白石航オーナーが「ほっとできる場所を作りたい」と思い立ち、米・ブルックリンでの1年ほどのコーヒー修業を経て、銀座の繁華街からは少し離れた現在の場所にオープンした同店。

[広告]

 ドリンクメニューの一番人気は「カフェラテ」(570円)。年齢が高めの人を中心に、濃い目の「ボンゲンラテ」(670円)の注文も多い。ほかに「ドリップコーヒー」(530円~)、「エスプレッソ」(470円~)、「抹茶ラテ+エスプレッソ」「甘酒豆乳ラテ」(以上、680円)などを取りそろえる。「ホットチョコレート」(500円)や「サトウキビ蜜紅茶」(680円)も用意する。

 サイドメニューとして、2周年を記念して作られたベーグルにあんことクリームチーズを挟んだ「盆源さんど」(500円)や「金箔(きんぱく)とあんこ串だんご」(260円)、「松ぼっくりあんこ最中」(290円)も。餡(あん)はすっきりとした甘さのものを使っており、濃い目のコーヒーと相性が良いという。

 店内の盆栽は毎週変えており、盆栽を楽しみに来店する常連客も。店舗面積約8坪・席数4席の店内は盆栽に合うよう土壁・焼き杉・格(ごう)天井などを使い、「和モダン」な雰囲気を醸し出す。

 白石さんは「このかいわいではスタンド形式で店員とラフに話せるお店が珍しいようで、プライベートな話をしてくださるお客さまも多い。人づてやSNSなどの口コミで徐々にお客さまが増え、2周年を迎えられたことが一番うれしい」と笑顔で話す。

 営業時間は10時~19時。