3密を避けて新しい生活様式へ!

ハウス オブ シセイドウと資生堂ギャラリーが合同企画展

  • 0

  •  

ハウス オブ シセイドウ(銀座7、TEL 03-3571-0401)と資生堂ギャラリー(銀座8、TEL 03-3572-3901)は、初の両館合同の企画展として、4月1日から「都市に生きるアール・デコ」展を開催している。資生堂は大正初期からアール・デコの精神を取り入れ、「資生堂スタイル」といわれる美意識を確立。同展では資生堂とアール・デコの強いつながりを写真や資生堂商品により紹介するもの。ハウス オブ シセイドウでは、銀座のアール・デコ様式建築第1号といわれる資生堂竹川町店のステンドグラスとモザイクタイルの装飾品や、アール・デコ様式の建築家として名高い、フランク・ロイド・ライトが設計した福原有信(資生堂創始者)の別荘の模型、写真家の稲葉なおとさんによる写真で銀座、上海4つのホテルの写真、資生堂が初めて中国に輸出した化粧品シリーズなどを展示。資生堂ギャラリーでは、世界11都市の歴史的なアール・デコのホテルを題材に取り上げ、稲葉なおとさんの撮りおろし写真約180点を数都市ずつ組み合わせ、会期中2週間ごと4回に分け紹介。撮影中に録音した音とスライド画像を組み合わせ、ホテルの雰囲気を臨場感豊かに再現する。5月28日まで。開催時間は11時~19時(入館18時30分まで)日曜・祝祭日は11時~18時(入館17時30分まで)。月曜休館。入館無料。
ハウス オブ シセイドウ資生堂ギャラリー

[広告]
[広告]
  • はてなブックマークに追加