築地本願寺で納涼盆踊り大会-「仮装盆踊り」で盛り上がりもピークに

アフロのカツラをかぶり「仮装盆踊り」に参加したカップル。息ぴったりの盆踊りの腕前は「上級者」レベル

アフロのカツラをかぶり「仮装盆踊り」に参加したカップル。息ぴったりの盆踊りの腕前は「上級者」レベル

  •  
  •  

 築地本願寺(中央区築地3)で8月5日より「第61回納涼盆踊り大会」が始まり、同7日には名物となったスペシャルイベント「仮装盆踊り」が開催された。

 境内には海鮮焼き、やきとり、天むす、かき氷などの屋台が並び、テーブル席は「夏」を楽しむ家族連れや宴会を楽しむ会社員などで終始「満席」が続いた。ビアガーデンさながらの熱気に包まれる中、19時に盆踊りがスタート。中央に特設されたやぐらの回りには、浴衣姿の子どもや大人のほか、「ひょっとこ」や「おたふく」の仮面、アフロのカツラなどを身につけた参加者が続々と集まった。

[広告]

 続く20時から行われた審査会では、仮装姿の参加者の中から1位~13位を選出、1位には「和田アキ子」に仮装した男性、2位には築地場外の卵焼き屋「松露」で働く佐藤さんが扮した「メード」、3位にはクラウンたかちゃんの「サーカスのクラウン」が選ばれた。2位の佐藤さんは「奥さんのご意見通り『メード』を選んだ。来年は優勝を狙う」と話していた。そのほか「マドンナ」や「髭男爵」に仮装した参加者の姿も。

 今年で350周年を迎える街「築地」を祝い、盆踊りの締めに選ばれた「築地音頭」が和太鼓とともに鳴り響くと、参加者たちの盛り上がりも最高潮に。最後は拍手で「納涼」を楽しむ夏の夜の幕が閉じられた。

 8日(最終日)の開催時間は18時~20時。

築地本願寺で釈迦の誕生を祝う「はなまつり」-和太鼓やサッカーも(銀座経済新聞)神谷町の寺カフェで音楽イベント「誰そ彼」-光明寺「オープンテラス」で(新橋経済新聞)築地本願寺で「東京ボーズコレクション」-各派僧侶が宗派超え法要(銀座経済新聞)築地本願寺に期間限定「カフェ・ド・シンラン」-トド・プレスが企画(銀座経済新聞)築地本願寺

  • はてなブックマークに追加