天気予報

26

17

みん経トピックス

PR

銀座で少女主義的水彩画展銀座で第10回GFW

大手町・丸の内・有楽町エリアで日本最大級のクラシック音楽祭 日比谷野音も会場に

大手町・丸の内・有楽町エリアで日本最大級のクラシック音楽祭 日比谷野音も会場に

ナントで演奏する庄司紗矢香さん ©Marc Roger

写真を拡大 地図を拡大

 大手町・丸の内・有楽町エリアで5月3日~5日、日本最大級のクラシック音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 『熱狂の日』音楽祭2016」が開催される。主催は東京国際フォーラム(千代田区丸の内3)。

ナントでのブルンジの太鼓集団の演奏の様子(関連画像)

 「ラ・フォル・ジュルネ」は1995年、フランス西部の港町ナントで始まったクラシック音楽祭。毎年、テーマとなる作曲家やジャンルを設定し、コンベンションセンター「シテ・デ・コングレ」の9会場で、約45分間のコンサートが同時並行的に朝から晩まで行われる。

 日本でも「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」として2005年から毎年開催され、2015年までに延べ682万人の観客を動員している。

 12回目となる今回のテーマは「ナチュール-自然と音楽」。日比谷公園大音楽堂(日比谷野音)も初めて会場に加わった。

 東京国際フォーラム事業推進部の奥山美菜子さんは「日比谷野音は日比谷公園の緑に囲まれた開放感一杯のスペース。自然と一体になって音楽に浸ることができる点で、今回のテーマ『ナチュール』を最大限に味わっていただける場所と考えた。ロックやポップスでは数々の名演を生んできた野音だが、クラシックの公演会場となることは稀。ご来場のお客さまにとって特別な音楽体験になれば」と話す。

 ルネサンスから現代まで500年にわたる音楽史の中から、季節、風景、動物、天体、天地創造など、さまざまな観点から選曲したというプログラムは、同イベントに4年ぶりに登場する庄司紗矢香さんによるヴィヴァルディの「四季」のリコンポーズ(再作曲)版の演奏や和太鼓奏者の林英哲さんのオーケストラとの共演、小曽根真さんによる「動物の謝肉祭」の演奏など。ブルンジの、太鼓による儀式舞踊を伝えるパフォーマンス集団「ドラマーズ・オブ・ブルンジ」も出演する。

 奥山さんは「いつの時代も作曲家たちは自然に魅せられ、自然から多くのインスピレーションを得て数々の傑作を生み出してきた。ラ・フォル・ジュルネはワールドミュージックと古楽や現代音楽を含むクラシック音楽が隔てなく共存する、ほかにはない音楽祭。クラシックが好きな方も、余りなじみのない方も、どうぞ好奇心だけを持ってお越しいただければ」と呼び掛ける。

 スケジュールやチケットなどの詳細はホームページで確認できる。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング