「中央通り」街路灯リニューアルの国際コンペ1次選考

選考会の様子

選考会の様子

  •  
  •  

 9月12日、中央通り照明デザイン国際競技実行委員会が主催する「銀座・京橋・日本橋/中央通りデザイン国際競技」1次選考の様子が公開された。

 現在銀座・京橋・日本橋を通る中央通りに設置されている241基の道路照明は、昭和43年に設置されたもので現行の耐風基準に適応しておらず、国土交通省東京国道事務所では、安全面から照明のリニューアルを計画している。

[広告]

 中央通り照明デザイン国際競技実行委員会は、国土交通省、東京都、中央区、銀座通連合会、京橋一之部連合町会、東京中央大通会、名橋「日本橋」保存会、特定非営利活動法人「はな街道」で結成され、「日本を代表する街路である中央通りにおいて、道路照明灯と景観のあり方に新しいモデルを提示することを目指す」(同委員会)とし、国際競技開催について「新たな日本の景観のシンボルを、世界の多様な分野の才能の積極的な参加を得て実現するため」と話している。

 最優秀賞受賞者は提出した図面に基づき、製造・施工事業者に製造・施工を発注するための製作図の作成作業の監修を行う。提出作品総数は280作品で、約2割の53作品がアメリカ、イギリス、トルコ、中国、フィンランドなど17カ国から提出された。

 9月11日から15日まで行われる1次選考では、審査対象作品を審査委員が個別に採点を行い、約10作品を選出。10月下旬に行われる2次選考会で5作品を選出した後、11月の最終選考会で各賞を決定する。

 審査委員長の中村良夫東京工業大学名誉教授は作品について「大変斬新なデザインが多い」と話している。

銀座・京橋・日本橋/中央通り照明デザイン国際競技

  • はてなブックマークに追加