食べる

日比谷公園でビール祭「オクトーバーフェスト」-日本初上陸のたる生も

ドイツビールで盛り上がる来場者(昨年開催時の様子)

ドイツビールで盛り上がる来場者(昨年開催時の様子)

  • 0

  •  

 ミュンヘンで開催される世界最大のビールの祭典を再現した「日比谷オクトーバーフェスト 2011」が5月20日、日比谷公園噴水広場で開幕する。

フェス開催中の日比谷公園噴水広場

 オクトーバーフェストは、新しいビールの醸造シーズンの幕開けを祝う祭りとしてドイツを拠点に毎年10月に開催。最大規模はミュンヘン会場で、今年は9月17日~10月3日の17日間連続で開催。期間中は巨大テントや移動式遊園なども登場し、毎年650万人が来場する世界最大規模の祭りとして知られる。

[広告]

 日本では横浜、仙台、芝公園などで開かれ、日比谷版は2006年から毎年5月に開催。会場では日本初上陸のたる生2種をはじめ、約20銘柄のドイツビールを販売。ドイツ製のテントやテーブル、ベンチ1,100席以上を設け、「本場」の祭典を再現する。昨年は約5万人が来場した。

 麦芽、ホップ、水、酵母以外の使用を禁止するドイツビールは、副原料を使わないため「ピュアな味わい」が特徴。初上陸するのは、北ドイツの町フレンスブルグ産でドイツでも1、2を争う辛口ビール「フレンスブルガー ピルスナー」、本場ミュンヘンの公式醸造所が手掛ける「ハッカープショール ヘーフェヴァイスビア」のたる生2種。このほか、アロマフレーバーが特徴の「エルディンガー ヴァイスビア」、香りと苦味のバランスが好評な「ホフブロイ オリジナルラガー」などが人気を集め、混雑時のブースには長い列ができる。

 フードブースでは、ドイツソーセージやアーモンドを使った焼き菓子「マンデル」、プレッツェル、ドイツパンなどを販売。ステージではドイツ民族音楽団がパフォーマンスを披露する。今回は東北復興支援として売り上げの一部を義援金に充て、東北の地酒も販売する。

 最初にデポジットとして1,000円を支払いグラスを受け取り、空いたグラスと交換で2杯目以降のビールを購入する仕組み。帰る際にグラスと交換に1,000円を受け取る。

 実行員会担当者は「楽団の演奏中には、何回も乾杯の歌『Ein Prosit(アイン プロージット)』を演奏するので、恥ずかしがらず大きな声で歌って、隣の人ともに乾杯していただければ」と話す。

 開催時間は12時~21時30分(土曜・日曜は11時~)。入場無料。今月29日まで。

ピックアップ