銀座の画廊で「箔」を用いるアーティストの個展

©横江栄一 「蒼き人」

©横江栄一 「蒼き人」

  • 0

  •  

 十一月画廊(中央区銀座7、TEL 03-3289-8880)は10月23日より、「横江栄一展」を開催している。

 横江さんは1991年に名古屋芸術大学美術学部日本画学科を卒業、屏風などの大作を多く発表していたが、昨年同画廊で開催された個展で数点箔を使った作品を展示したところ評判がよく、東京で3回目の個展となる同展では金や銀の箔を用いた作品20点を展示する。

[広告]

 焼いた銀箔を用いた作品なども展示され、同ギャラリー担当者は「横江さんの心的形象を表した作品が主」とし、箔を用いて作品を作ることになった経緯について「仏像やお寺の壁の修復などで、もともと箔を扱うのは慣れていたため」と話している。

 開催時間は12時~20時まで。土曜・日曜は17時まで。10月29日まで。開催中無休。

十一月画廊

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース