天気予報

25

21

みん経トピックス

松屋銀座で「北海道展」-函館「幸寿司」物産展初参加

  • 0
松屋銀座で「北海道展」-函館「幸寿司」物産展初参加

ホタテ、カニ、イクラ、奥尻和牛と秋鮭しょうゆ漬けが載った「まるごと北海弁当」

写真を拡大 地図を拡大

 松屋銀座(中央区銀座3、TEL 03-3567-1211)は11月1日より、「第3回 GINZAの北海道展」を8階大催事場で開催する。今回は47店舗(内イートイン6店舗)が出店、物産展初参加の店、オリジナルや限定商品を充実させたという。

 出店店舗は、イートイン=若い頃フレンチのシェフを目指し修行をしていたという大将が作る創作の技を加えたすしで知られる、函館・湯の川温泉の「幸(こう)寿司」が物産展初参加で松屋限定出店、蝦夷アワビ、生ニシン、しまエビなどを握った「函館の幸」(1人前3,680円)やテークアウト販売を行うほか、小樽「さかなや おさない」がぼたんエビ、イクラ、ウニなどを盛り込んだ「しあわせ丼」(2,100円)をテークアウトでも販売する。

 また、ラーメンで知られる「すみれ」は「味噌ラーメン」「醤油ラーメン」「塩ラーメン」(各840円)を、東京初登場のフレンチレストラン「かやの茶屋」は、滝川産カモ胸肉、たらばガニ、手作り生ハムなどを用いた松屋オリジナルメニュー「北のフレンチコース」(1人前1,980円)をコースで提供するほか、カニ加工卸会社「札幌蟹販(本社=札幌市)」が開いた「札幌蟹工船」は「かに天丼」(1,800円)、「かに釜飯」(1,300円)を、札幌のイタリアン「Tavola Ganba(タボーラ ガンバ)亭」は「ホタテとたらばがにのスパゲッティ」(1,575円)、「いかすみのリゾット」(1,101円、テークアウトのみ)を、それぞれ販売する。

 「毎回行列ができる」(同店)という「サンドイッチの店 さえら」では、前回の500食から700食に限定数を増やしサンドイッチを販売するほか、「札幌後楽園ホテル」の「まるごと北海弁当」(写真)、「富良野牧場」の特製ベーコンやチョリソー、「共動学舎新得農場」のカマンベールチーズなどを取り扱う。そのほか、富良野「森のろうそく屋」のろうそくや、旭川「ブラウンボックス」の木製工芸品なども販売。11月6日まで。

松屋銀座

グローバルフォトニュース