見る・遊ぶ

銀座でマイケル・ケンナさん写真展-長時間露光で独自の風景写真撮影

White Bird Flying, Paris, France, 2007 ©Michael Kenna/RAM

White Bird Flying, Paris, France, 2007 ©Michael Kenna/RAM

  • 0

  •  

 銀座「BLD GALLERY(ビーエルディーギャラリー)」(中央区銀座2、TEL 03-5524-3903)で現在、風景写真の第一人者マイケル・ケンナさんの写真展「IN FRANCE」が開かれている。6月3日の会期終了まで1週間となった。

 ケンナさんは1953年イギリス北西部の工業地帯に生まれた。ロンドン・カレッジ・オブ・プリンティングで写真技術を学び、1976年にロンドンのヴィクトリア&アルバート美術館でビル・ブラント企画の写真展「The Land」を見たことをきっかけに風景写真家を志すように。翌年サンフランシスコに拠点を移し、写真家としての活動をスタートした。

[広告]

 夜や夜明けの時間帯に長時間露光で撮影し、時間の流れや空気感を取り込んだような独特な雰囲気のモノクロ風景写真が持ち味。「心象風景」のような情緒あふれる印象に仕上げるプリント・テクニックでも評価される。現在までに作品は世界中の70以上の美術館に所蔵され、2000年にはフランス政府から芸術文化勲章シェヴァリエを受章した。

 同展では、ケンナさんが1984年から昨年にかけてフランス各地を訪れ、春夏秋冬を撮りためたシリーズ「IN FRANCE」を紹介。パリのエッフェル塔から、シャンパン発祥の地としても知られるマルヌ県オーヴィレール(Hautvillers)で撮影した夜の嵐まで、約50点を展示している。同ギャラリーでは2010年に開催した「Venice / New York City」以来2度目の展覧会となる。

 開催時間は11時~19時。入場無料。6月3日まで。

  • はてなブックマークに追加