ミントタブレット「ピンキー」、銀座のバーとコラボでカクテル

Pinkyと銀座のバーのコラボカクテル「スパークリングPinky」

Pinkyと銀座のバーのコラボカクテル「スパークリングPinky」

  •  
  •  

 タブレット・健康食品製造・販売を手掛けるフレンテ・インターナショナル(板橋区)は12月11日より、銀座のバー「ROCK FISH」(中央区銀座7、TEL 03-5537-6900)でカクテル「スパークリングPinky」を販売する。

 フルーツミントタブレットのPinkyは、今年で販売9年目を迎える。今年5月に全面刷新を行い、ターゲットを「娯楽と自己表現への関心が高い女性」(同社)に設定し、パッケージも一新した。キャラクターに「ピンキーモンキー」「ピンキー・フレッシュ・モンキー」を用いていることでも知られ、「ハート型の粒が含まれていると良いことが起きる」と女子高生を中心に話題を集めた。

[広告]

 カクテルは、同社がウエブ上で紹介しているショートムービーで、ピンキーモンキーが日本中の美味しいフルーツを探して旅をしてPinkyの新しい味を見つける様子を紹介する「Pinkyわくわく旅ストロ」の第8話に登場する、同品を用いたカクテルを現実の世界に再現したもので、スパークリングワインをベースに桃のリキュールを使った「ピーチ」、ブドウリキュールを使った「グレープ」、ゆずシロップとゆずジャムを使った「ゆず」の3種類を販売。価格はすべて840円で、カクテルにはそれぞれの味のPinkyが入っている。

 同品とカクテルのコラボレーションについて、同社コーポレートコミュニケーション部の廣畑秀美さんは「Pinkyのいろいろな楽しみ方を考える中で浮かんだのが、飲み物にPinkyを入れるというアイデア。スパークリングワインの入ったグラスに1粒落とすと泡が立ち上がりきれいだったことが始まり」と話している。

 営業時間は平日=15時~25時、土曜=15時~22時、日曜・祝日=13時~22時。無休。カクテルの販売は2007年1月8日まで。大阪の「ROCK FISH北浜店」でも同様の販売を行う。

フレンテ・インターナショナル

  • はてなブックマークに追加