食べる

銀座に「牡蠣Bar」-「心臓がバクバク動く」生ガキ、「カキに合う」酒も

「牡蠣Bar」の焼きガキと日本酒

「牡蠣Bar」の焼きガキと日本酒

  • 1

  •  

 銀座5丁目に7月1日、「牡蠣Bar」(中央区銀座5、TEL 03-6274-6750)がオープンして約2カ月がたった。席数は13席。

「牡蠣Bar」店主の泉祥子さん

 店主の泉祥子さんは、全国でも13人しかいない「グランオイスターマイスター」の一人。カキが「大好き」で、「一人でも気軽にカキとお酒を楽しめるお店を作りたい」と、勤めていた麻布十番のオイスターバーから独立し、同店を始めた。

[広告]

 カキの仕入れ先は、広島県の生食可能なカキが捕れる指定海域「清浄海域」である無人島・大黒神島産のほか、兵庫県・赤穂産、石川県・能登産、北海道・厚岸産など。海外からはアメリカ産、オーストラリア産、カナダ産のものを仕入れる。

 生カキのメニューは3日に一度入れ替わり、常時11~12種類のカキを用意する。大黒神島産の「SENTAN(先端)」(200円)、「沖ノ島ヌーヴォー」(380円)、「かき小町S」(550円)のほか、兵庫県・赤穂産の「Babyさこし」(250円)、北海道・厚岸産の「丸かき」(380円)、アメリカ・ワシントン州産の「オイスターベイ」(450円)、「至極」(450円、以上1個あたり)など。

 一品料理では、焼きガキ(350円~)、蒸しガキ(3個=980円)、カキフライ(1個=150円、3個=430円、5個=720円)、「カキの佃煮 からすみ風」(500円)、「カキのオイル漬け2種」(550円)などのほか、埼玉県産の彩桜豚(さくらぶた)を使った「彩桜豚のオイスターソース炒め」(780円)や「黒米うどんを牡蠣と彩桜豚のつけ汁でどうぞ」(980円)なども。

 ドリンクは、純米の日本酒や国産ワインを中心に、ウイスキー、ウオツカ、テキーラなど、いずれも「カキに合う」酒を用意する。

 「なんといっても生のカキがおすすめ。開けたてのカキは、中にたっぷりの海水を含み、心臓がバクバクと動いている。ぜひ一度、しょうゆもレモンもかけず、海水をソースに食べて『海がおいしい』という感覚を味わっていただきたい」と泉さん。

 営業時間は18時~24時。日曜・祝日定休。

  • はてなブックマークに追加