食べる

築地で「松露」の卵焼きを使ったサンドイッチ、人気に

「松露」の卵焼きを使ったサンドイッチ「松露サンド」

「松露」の卵焼きを使ったサンドイッチ「松露サンド」

  •  
  •  

 築地で現在、卵焼きをパンで挟んだサンドイッチ「松露サンド」が好調な売り上げを見せ、twitterなどネット上でも話題を呼んでいる。

「つきじ松露」の齋藤元志郎社長

 「つきじ松露」(中央区築地4)が経営する「松露 新店」(築地4、TEL 03-3542-0582)で販売する同商品。「松露」の卵焼きを「ドンク」のパンで挟んでいる。価格は、2切れ入り=500円。

[広告]

 「厚い『だし巻き玉子』がボリュームたっぷりで、ほんのり甘い『玉子焼』に酸味のあるマヨネーズを効かせた懐かしい味」が売りという。

 齋藤元志郎社長は「松露の『玉子焼』は、甘さを適度に抑えながらもだしのうまみが効いていてしょうゆなどをつける必要がない。『まかない』のように食べていたこのサンドイッチを3年前に商品化した所、人気が出た」と話す。

 1924(大正13)年に「松露 本店」がある現在の場所で初代・齋藤乙松さんが「松露寿司」を構えたのが始まりという同社。

 1946(昭和21)年には「玉子焼屋」が本業となり、二代目の巳代吉(みよきち)さんの代には主に業務用としてすし店や高級料亭などに納品していたが、1983(昭和58)年には銀座三越(銀座4)へも出店するなど、一般消費者向けの販売を強化している。

 現在、元志郎社長のアイデアから生まれたさまざまな具入りの卵焼きなどを、直営店6店舗のほかデパートやスーパーなどで販売している。「松露サンド」を常時販売しているのは「松露 新店」のほか1店のみ。

 「『松露サンド』が評判を呼んだことで、『つきぢ松露の玉子焼』をたくさんの人に知ってもらえたのはうれしい。品質を落としたくないため限定販売で、売り切れでご迷惑をかけることもあるが、築地にお越しの際にはぜひ『松露サンド』を試していただければ」と呼び掛ける。

 「松露 新店」の営業時間は9時~18時。日曜・祝日と築地市場の休市日は休み。

  • はてなブックマークに追加