シップス、銀座にウィメンズオンリーショップ-東京初出店

東京初出店となるウィメンズオンリーショップ「SHIPS GINZA WOMEN’S店」の店舗イメージ図

東京初出店となるウィメンズオンリーショップ「SHIPS GINZA WOMEN’S店」の店舗イメージ図

  •  

 セレクトショップを展開するシップス(中央区銀座1)は3月3日、「SHIPS GINZA WOMEN’S店」(銀座2、TEL 03-5524-0283=3月3日から開通)を銀座・観世通り沿いにオープンする。

 同店は、京都「藤井大丸御旅店」、福岡「VIORO」に次ぐウィメンズオンリーショップとしてオープンするもの。店舗面積は3フロア合わせて111.6坪で、「ノーブル&リラックス」をコンセプトに、ロビーやスイートルーム、ラウンジバーをイメージした3フロアで構成される。内装は、六本木のレストラン「ハニーズガーデン東京」などを手がけたことで知られ、ブランディングコンサルティングなどを行う「余白」(渋谷区)が担当。

[広告]

 地階=プレステージライン、1階=アクセサリー、バッグ、シューズ、2階=ドレスライン、カジュアルラインを取り扱い、中でも地階は「大人の女性のためのシップスを表現した」(同社)という新しいライン「プレステージライン」を中心に取り扱い、同店を「象徴」するゾーンになるという。プレステージラインの価格帯は、ジャケット・アウター=50,000円~、ボトム=20,000円~と、同社オリジナルブランドに比べ20パーセントから30パーセント高めに設定し、シルクやカシミヤなどの高級素材を取り入れ「よりクオリティーを追求したアイテムを提案していく」(同社)という。

 銀座店のみで取り扱うブランドは、「ISAAC SELLAM(アイザック セラム)」「ZANONE(ザノーネ)」や、イギリスの靴ブランド「Alfred Sargent(アルフレッド サージェント)」、伝統的製法を用いて靴を作るブランドとして知られるイタリアの「TORLASCO(トルラスコ)」、アクセサリーの「Jeff Morris(ジェフ モリス)」「nymphs(ニンフス)」など。シップスでは初となる香水も取り扱う。

 営業時間は11時~20時。無休。

シップス