「水」がテーマの写真展-高知・仁淀川で撮影した写真など展示

©NOBUYUKI TAKAHASHI 高橋宣之さんが高知県の仁淀川で撮影した写真

©NOBUYUKI TAKAHASHI 高橋宣之さんが高知県の仁淀川で撮影した写真

  •  
  •  

 ポーラ ミュージアム アネックス(中央区銀座1、TEL 03-3563-5501)は2月3日より、POLA ART EXHIBITION ‘07-1「煌めく水 -写真がとらえた瞬間の美-」を開催する。

 同展は、「山と木と人の共生」を基本理念に森林で野外セミナーや研究などを行っている森林文化協会との共催で行われるもので、3回目を数える今回のテーマは「水」。

[広告]

 地元・高知県をベースに、海や川、月を中心とした天空や夜の森の撮影などに力を注いでいることで知られる写真家、高橋宣之さんが四国一の水質で、水辺利用率全国1位の河川として知られる高知県の仁淀川(によどがわ)で撮影した写真約30点を「色」「動」「面」「氷」「波」のジャンルに分けて展示するほか、造形作家の大平和正さんによる作品「風還元VII」「風還元II」「水器」の展示を行う。

 2月3日には「清らかな水の生まれるところ」がテーマのギャラリートークも開催。要予約。10時~19時(最終日は17時まで)。会期中無休。入場無料。2月21日まで。

ポーラ ミュージアム アネックス

  • はてなブックマークに追加