天気予報

11

2

みん経トピックス

ぐんまちゃん家でちょい飲み「銀座の金沢」で端午の節句

マロニエゲート銀座2にサラダボウル専門店 春キャベツなど季節の野菜も

マロニエゲート銀座2にサラダボウル専門店 春キャベツなど季節の野菜も

「ポークジンジャーと春キャベツのサラダ」

写真を拡大 地図を拡大

 マロニエゲート銀座2(中央区銀座3)地下2階に3月15日、サラダボウル専門店「WithGreen」がオープンした。経営はTK Brothers Japan(中央区銀座3)。

「WithGreen」

 「国産野菜とその農家の物語を一つのサラダボウルに」をコンセプトに掲げる同店。テークアウト専門店だが、購入したメニューは同フロア内にある共用スペース約30席で食べることもできる。

 「オリジナルメニュー」として、蒸し鶏、コーン、ニンジン、リンゴなどが入った「蒸し鶏とりんごの玄米サラダ」(S=780円、M=880円)、ローストポーク、カボチャ、玄米などが入った「低温ローストポークのサラダ」(S=1,080円、M=1,180円)など8品のほか、ポークジンジャー、春キャベツ、トマトなどが入った「ポークジンジャーと春キャベツのサラダ」(S=1,030円、M=1,130円)など季節の商品2品を用意する。

 「カスタムメニュー」(S=680円、M=780円)は、グリーンリーフ、紫キャベツなどの「ベース」に、トマト、コーン、ニンジン、もやしナムル、玄米、豆腐などのトッピングから4種類と好みのドレッシングを選ぶ。ベースとトッピングをボールの中に入れ、ドレッシングをかけて一気に混ぜることで、少量のドレッシングでも野菜全てに味が行き渡り、最後までおいしく食べることができるという。

 通常のトッピング以外にも春キャベツやスナップエンドウなどの「季節のトッピング」を6月上旬まで取りそろえる。

 武文智洋社長は「『WithGreen』で使うのは日本の農家の方が育てた野菜。自分たちで農家を訪れて話を聞き、信頼できると判断した農家の野菜を中心に使っている」と話す。

 営業時間は11時~21時。

グローバルフォトニュース