食べる

銀座に「古き良き センスの良いキャバレー」がテーマのカフェ&ビストロ

「アメニテ ギンザ」の店内

「アメニテ ギンザ」の店内

  •  

 「古き良き センスの良いキャバレー」をテーマに店内をデザインしたカフェ&ビストロ「アメニテ ギンザ」(中央区銀座1)が8月11日、オープンした。経営はアティックプラニング(渋谷区)。

「アメニテ ギンザ」で提供する料理とワイン

 日本の伝統色「紅色」をベースにした鮮やかなピンクをCIカラーに採用。店内は「来店客にゆったりと過ごしていただける」スペースを目指し、大ぶりのアンティークソファを配置する。壁紙もさまざまな国から取り寄せたものを10種類以上使い、スペースごとの個性を際立たせた。

[広告]

 同社取締役の五味美貴子さんは「ビル5階の異空間である当店は、それぞれの席で景色が異なるのでその日の気分で選んでいただくのもお勧め。お茶を飲みたい時、少人数でご飯を食べたい時、1人で考え事をしたい時、みんなでわいわい過ごしたい時など、さまざまな時間とお客さまが行き交う場所でありたい」と話す。

 ランチタイムは週替わりメニュー(1,080円~1,300円)を提供。サラダと「桐生酵母の焼きたてパン」の食べ放題が付き、平日はソフトドリンクもセットとなる。

 ディナータイムは「東京ブッラータとラタトゥイユのダッチオムレツ」(1,480円)、「産直野菜の炭焼きバーニャカウダ仕立て」(1,560円)などを提供。ディナータイムはメニュー料金以外にテーブルチャージとサービス料として1人当たり300円が必要。

 ドリンクはビール、ワイン、カクテル、ウイスキー、コーヒー、紅茶、ジュースなどを取りそろえる。

 営業時間はランチタイム=11時30分~17時、ディナータイム=17時~23時30分。

ピックアップ