天気予報

15

11

みん経トピックス

PR

築地でヒマラヤ小学校名作展有楽町に旬八キッチン

銀座の時事通信ホールで灘の酒フェスティバル 17蔵が集結

銀座の時事通信ホールで灘の酒フェスティバル 17蔵が集結

灘五郷酒造組合が主催した過去のイベントの様子

写真を拡大 地図を拡大

 時事通信ホール(銀座5)で9月15日・16日、「日本一の酒処(どころ)!灘の酒フェスティバル2017 in 銀座」が開催される。主催は灘五郷(なだごごう)酒造組合。

 「灘五郷」は、兵庫県神戸市・西宮市の海岸寄りにある、西郷・御影郷・魚崎郷・西宮郷・今津郷の5つの地域からなる、日本一の生産量を誇る酒処。

 「まだ知らない、神戸と西宮で醸された『灘の酒』の魅力を発見!」をテーマに開く同フェスには、「大関」「日本盛」「白鷹」「沢の鶴」「白鶴酒造」「菊正宗酒造」「剣菱酒造」など17の酒蔵が参加する。

 「利き酒ブース」では、灘の酒の純米酒・純米大吟醸酒・地域限定酒・スパークリング日本酒の飲み比べを提供するほか、販売ブースで酒を販売する。

 「食と酒器のブース」では、灘の酒に合う料理やつまみ、それらを引き立てる酒器などを紹介する。

 開催時間は、15日=19時~21時30分、16日=13時~15時(第1部)、16時~18時(第2部)。各回定員350人。各回の料金など詳細はホームページで確認できる。

グローバルフォトニュース