天気予報

15

11

みん経トピックス

PR

銀座で亀倉雄策ポスター展銀座に「俺の」ベーカリー

築地の「小田保 魚河岸店」が夜も営業 居酒屋風メニュー提供

築地の「小田保 魚河岸店」が夜も営業 居酒屋風メニュー提供

「牛すじ煮込み」

写真を拡大 地図を拡大

 築地場外市場の生鮮市場「築地魚河岸」(中央区築地6)3階で営業する「小田保 魚河岸店」が、夜の営業を始めて1カ月がたった。

「マグロ刺身」

 従来は7時~14時のランチタイムのみの営業だったが、新しく15時~22時(土曜は16時~)の営業も始めた。

 田中宏明社長は「出店当初から予定していた夜の営業だが、準備が整ったので9月から始めることができた」と話す。

 同店は1935(昭和10)年に築地場内市場にオープンした定食店「小田保 場内店」(中央区築地5)の2号店。市場の豊洲への移転の発表をきっかけに「小田保の味」を残すため、昨年11月にオープンした「築地魚河岸」へ出店した。

 ランチタイムは「フライ盛り合わせ定食(エビ・ホタテ・カニクリーム)」(1,450円)、「チャーシューエッグ定食」(1,250円)などの定食メニューが中心だが、夜は「マグロ刺身」(1,080円)、「ホッケ」(1,188円)、「海鮮サラダ」(972円)、「牛すじ煮込み」(1,296円)などの居酒屋風メニューが「お薦め」。ドリンクはビール、サワー、カクテル、ハイボール、ソフトドリンクなどを用意する。

 田中社長は「昼間は来られないが夜なら、という方にも来ていただいている。昼には提供していない夜のメニューを楽しんでいただければ」と呼び掛ける。

 日曜・祝日、築地市場休市の水曜定休。

グローバルフォトニュース