見る・遊ぶ

東京国際フォーラムで「アートフェア東京2018」 過去最多の164軒が出展

昨年のアートフェア東京の会場風景

昨年のアートフェア東京の会場風景

  •  

 国内外のコマーシャルギャラリーが美術品の展示・販売を行う「アートフェア東京 2018」が3月8日から、東京国際フォーラム(千代田区丸の内3)で開催される。

 今年は29都市から、過去最多の164軒が出展。

[広告]

 153軒が出展する「ギャラリーズ」では、古美術の出展が増えるほか、日本画、工芸、現代アートなどさまざまなジャンルの作品が出展される。

 作品の価格も上がり、中には数億円以上のものもある。「美術館で見るような貴重な作品を間近で見ることができ、購入できる機会」になるという。

 入場無料エリアの「ロビーギャラリー」では、若手ギャラリーが個展ブースを展開する「プロジェクツ」のほか、各国の駐日大使が推薦する作家による展示や、国内の芸術系6大学の学生によるグループ展などを開く。

 一般公開に当たる「パブリックビュー」の開催時間は9日=11時~20時、10日=11時~20時、11日=11~17時。入場料は1-DAYパスポート(当日)=3,500円ほか。今月11日まで。