食べる

築地場外市場有志発案の「築地はしご酒」今年も 2500人の来場見込む

「築地はしご酒」過去の開催の様子

「築地はしご酒」過去の開催の様子

  •  

 築地かいわいを舞台とする飲み歩きイベント「築地はしご酒 2018」が11月17日、開催される。

「築地はしご酒」過去の開催の様子

 参加者に「おいしく・楽しく・人情豊かな築地の魅力」を感じてもらおうと、築地場外市場の有志が始めた同催しは今回が5回目。毎年、ウェブ予約前売り券が完売になるなど好評で、昨年は2500人が来場。今年も同程度の来場者数を見込む。

[広告]

 実行委員会副委員長の伊藤信吾さんは「中央卸売市場が豊洲へ移転した後も、築地場外市場は生鮮市場『築地魚河岸』と共にこの地で営業を続ける。今年も最高の料理と酒で皆さまをもてなしたい」と話す。

 「築地長生庵(あん)」「幸軒」「鳥藤」「多け乃」「はじめ鮮魚店」「路地裏の酒亭 雄太」「和み 竹若」「Jige BARRACUDA」など約50店が参加予定で、500円・1,000円など「払いやすい金額」の特別メニューを用意。参加証と翌日から使える1ドリンクチケットや「ミニグッズ」などが含まれる前売り券(600円)は10月1日から販売する。

 当日は築地本願寺境内に受付を設置。開催時間は16時~21時。荒天時を除き、雨天決行。