食べる

「ぶらり銀座・春の酒まつり」 アンテナショップをスタンプラリー形式で飲み歩き

過去の「春の酒まつり」の様子

過去の「春の酒まつり」の様子

  •  
  •  

 スタンプラリー形式の飲み歩きイベント「第17回 ぶらり銀座・春の酒まつり」が3月8日~10日、銀座のアンテナショップを舞台に開催される。

 広島県の「ひろしまブランドショップTAU」をはじめ、石川、茨城、沖縄、高知、福井、山形の合計7県のアンテナショップが連携し、参加証代わりのスタンプカードを販売。参加店でカードを提示すると日本酒や泡盛など「各県自慢のお酒」1杯を飲むことができるほか、簡単なつまみも用意する。7店全てのスタンプを集めて応募箱にカードを投函(とうかん)すると、各県の「ふるさと特産品」が当たる抽選会に参加できる。

[広告]

 スタンプカードは前売り=1,400円、当日=1,500円で先着1000枚。スタンプカードを購入しない人のために1杯からの「有料試飲」も受け付ける。

 ひろしまブランドショップ TAU・酒担当の落岩祐希斗(おちいわゆきと)さんは「春しか飲めないしぼりたて新酒や春らしい低アルコールのかわいらしいお酒も取りそろえる。当店ではカキフライなど有料のおつまみも充実させている。気軽にお立ち寄りいただければ」と呼び掛ける。

 開催時間は8日=16時~19時、9日=10時30分~18時、10日=10時30分~17時。

  • はてなブックマークに追加