食べる 買う

銀座コージーコーナーが「ジャンボシュークリーム」 108円で 発売35周年記念

「ジャンボシュークリーム(カスタード)」(左)と「ジャンボシュークリーム(ホイップ&カスタード)」(右)

「ジャンボシュークリーム(カスタード)」(左)と「ジャンボシュークリーム(ホイップ&カスタード)」(右)

  •  
  •  

 銀座コージーコーナー(中央区築地7)が「ジャンボシュークリーム」の発売35周年を記念して12月6日~8日と13日~15日、通常は140円の「ジャンボシュークリーム(カスタード・ホイップ&カスタード)」を「感謝価格」の108円で販売する。

「ジャンボシュークリーム(カスタード)」

 1980(昭和55)年ごろに一般的に売られていた小ぶりなシュークリームに対し、「1つで満足できるシュークリームをつくる」を合言葉にジャンボシュークリームの開発をスタート。1984(昭和59)年に「ジャンボシュークリーム(カスタード)」を100円で発売した。

[広告]

 日本人の食感・嗜好(しこう)に合わせたしっとりとしたやわらかい皮と、カスタードクリームに「ふんわり泡立てた乳味豊かな」クリームを合わせることで、コクがあり飽きのこないシュークリームにしたという。

 当時は一般的でなかったバニラビーンズを加えたことから寄せられた「ごみが入っている」というクレームに対しても丁寧に対応し、味の良さを説明したというエピソードも。

 広報宣伝担当の蝦名健太郎さんは「皆さまのおかげでジャンボシュークリームの35周年を迎えることができた。多くのお客さまに感謝の気持ちを込めて、特別に6日間、発売当時の価格である本体価格100円でご提供させていただく。この機会にお店に足を運んでいただけたら」と話す。

 全国の生ケーキ取扱店が対象。営業時間は店によって異なる。