3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

銀座のシロタ画廊で版画作家が作った「本」の展示 8人+1ユニット

山田彩加さんによる私家版「泡沫の夢」

山田彩加さんによる私家版「泡沫の夢」

  •  
  •  

 版画家たちが作った私家版の本を展示する展覧会「NINE PRESSES展」が4月6日、シロタ画廊(中央区銀座7)で始まる。

柄澤齊さんによる私家版「クレーの日記」

 坂東壮一さん、柄澤齊さん、山田彩加さんら8人の版画家と1ユニットがそれぞれ版元名を設定し、自作した「本」をその版元の出版物という想定で発表する。

[広告]

 シロタ画廊の高嶋麻美子さんは「会場内には9つのコーナーを設け、各作家が趣向を凝らした従来とは趣の異なった展示。エディション制作を主軸に据える版画家だからこそ作り出せる、世界に唯一の本の世界をご紹介できれば」と話す。

 開廊時間は11時~19時(最終日は17時まで)。日曜休廊。4月18日まで。

  • はてなブックマークに追加