暮らす・働く

週末の日比谷で生花を無料配布 全国の花の生産者を応援

生花を配布する様子

生花を配布する様子

  • 87

  •  

 日比谷花壇(港区)と農林中央金庫(千代田区有楽町1)が6月19日、東京ミッドタウン日比谷(有楽町1)で生花を無料で配布した。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けている全国の花の生産者を応援し、花の需要を喚起するため、日比谷花壇が3月から行っている「SAVE THE FLOWERS」の一環として実施した。

[広告]

 今後も7月11日までの毎週金曜・土曜に、全国各地で生産されたバラ、カーネーション、ガーベラなどを1人1本、無料配布する予定。テスト配布が好評だったことを受け、当初は各日500本・合計5000本の計画だった配布本数を1万本に増やす予定だという。

 配布場所は東京ミッドタウン日比谷のエントランス前広場とエントランス付近。配布時間は、金曜=16時~17時30分、土曜=11時~12時30分。花が無くなり次第、配布終了。雨天決行。状況により数量・場所の変更や中止・延期の可能性あり。

  • はてなブックマークに追加