買う

「銀座 松崎煎餅」が4丁目に移転 屋号を「MATSUZAKI SHOTEN」に

紫色ののれんがかかる「MATSUZAKI SHOTEN」店舗外観

紫色ののれんがかかる「MATSUZAKI SHOTEN」店舗外観

  • 32

  •  

 松崎商店(中央区)が7月21日、銀座4丁目に「MATSUZAKI SHOTEN(マツザキ ショウテン)」をオープンする。

イートインスペースを新設した「MATSUZAKI SHOTEN」店内

[広告]

 1804(文化元)年に港区芝で創業し、1865(慶応元)年に銀座に移転してから150年以上にわたり銀座で煎餅を販売している松崎商店。銀座5丁目すずらん通りに本店を構えていたが、移転のため6月20日に閉店。銀座4丁目のより広い店舗にイートインスペースを増設してグランドオープンする。

 移転オープンに合わせ、屋号を「銀座 松崎煎餅」から「MATSUZAKI SHOTEN」に変更。新店舗ではブランド力の強化を図るだけでなく、広くなった店内を利用したイベントなどを開催し、地域交流の一端を担うことで銀座の街の発展に貢献していくという。

 新店舗では、看板商品の「瓦せんべい」やあられ、おかきなどのほか、和菓子店「ぎんざ空也 空いろ」(銀座6)とコラボレーションしたスイーツ「松崎ろうるwithぎんざ空也 空いろ」(385円)や「瓦せんべい」に天然着色料でイラストを描画した「大江戸松崎 天着三味胴」(162円、全12種、新店舗先行販売)などを用意する。

 営業時間は10時~19時。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース