9月1日開業「東急ハンズ銀座店」、各フロア取扱商品など発表

「東急ハンズ銀座店」内、9階「ハンズコレクション」フロアのバッグコーナー外観図

「東急ハンズ銀座店」内、9階「ハンズコレクション」フロアのバッグコーナー外観図

  • 0

  •  

 東急ハンズ(渋谷区)は8月14日、9月1日開業の新大型商業施設ビル「マロニエゲート」(中央区銀座2)に出店する旗艦店「東急ハンズ 銀座店」の各フロア取扱商品などを発表した。

 同ビル5階~9階の5フロアに出店する同店は、売り場面積約3,000平方メートル、取扱いアイテム数は約70,000アイテム。「自分環境・暮らし環境・ビジネス環境のクオリティーアップ」をキーワードに、銀座らしい感性を備えた商品の紹介やライフスタイルを提案する「新しいハンズ」と位置づける。

[広告]

 売り場の特徴は、全フロアの両サイドに「情報発信ゾーン」と呼ばれるディスプレーやイベントスペースを展開。各フロアのテーマやシーンに特化した商品を集約して紹介し、同店がターゲットに据える銀座OL・ビジネスマン、近隣ベイエリア在住の湾岸ニューファミリー層などの都市生活者に向けて新しいライフスタイルを提案していくという。

 フロア構成は以下の通り。5階=女性客をメーンにボディーケアやメーク、フィットネス、快眠グッズなどを展開する「ウェルネス・ビューティー」、6階=文房具やギフト関連の「カラフル・ステーショナリー」、7階=インテリア用品メーンの「ギンザ D.I.Y.」、8階=キッチン用品メーンの「デリシャス・スマイル」、9階=男性客をメーンとしたビジネスバッグやアウトドアグッズ、大人の趣味のグッズやインテリア雑貨などを展開する「ハンズコレクション」。各フロアの内装は、「銀座らしい高級感と洗練さをイメージさせるシャープな作り」(同社)になるという。

 同店では9月1日より、オープンを記念して3,000円以上の購入客を対象に「東急ハンズ 銀座店オリジナル『ショッピングバッグ』」を先着1万人にプレゼントする。同店オリジナルロゴ「GINZA HANDS」をデザインしたポリエステル製のもので、グリーンとグレーの2色がある。

東急ハンズ関連記事(銀座経済新聞)関連記事(シブヤ経済新聞)

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース