銀座にしゃぶしゃぶコース主体の和食店-みちのく産「燦然豚」使う

「みちのく産直豚・燦然」のしゃぶしゃぶをメーンで提供する「燦然」店内の様子。座敷やカウンター席も備える。

「みちのく産直豚・燦然」のしゃぶしゃぶをメーンで提供する「燦然」店内の様子。座敷やカウンター席も備える。

  • 0

  •  

 飲食店経営などを手がけるフードワークス(品川区)は10月23日、銀座・中央通り沿いの「ニューメルサ」8階に「みちのく産直豚・燦然(さんぜん)」(中央区銀座5、TEL 03-3569-2007)をオープンした。

 弾力があり柔らかく、まろやかな脂身が特徴の「燦然豚」しゃぶしゃぶを中心に提供する同店は、伊藤忠飼料(江東区)の協力により産地直送の素材を使用する「素材重視型レストラン」(同社)。

[広告]

 店舗面積は161.52平方メートルで、総席数は62席。個室やカウンター席も備える。内装は伝統的な和の空間に和紙や石材を多く使用し、木や朱色・赤などを効果的に用いたのが特徴。

 メニューは、女性を意識したものが中心で、「いろいろなものが少しずつ食べられる」コースが主体。しゃぶしゃぶにすると味わいが増すという、燦然豚のロースと3枚肉を特製だれと薬味で食べる「浅葱」(3,800円)、薬膳をスープに加えたピリ辛の豚しゃぶ「紅梅」(4,800円)、かんぱち・まだいなどの海鮮しゃぶしゃぶ「菖蒲」(5,500円)などコースのほかに、「朝摘み取れたて野菜の金山寺味噌添え」(1,200円)、「特選なだ鮪のトロ」(2,400円)や「三重県宇和海産の真鯛の鯛めし」(800円)などアラカルトも用意。客単価は4,800円で、ランチも提供する。

 同店では季節ごとに産地直送の素材を使ったメニュー開発を行い提供することで、さまざまなマーケティングデータを得られることから、「素材の提供を行う伊藤忠飼料にとっても非常にいい意味でのサンプル店。将来的には商品の拡販につなげることができれば」(同社)と意欲を見せる。

 営業時間は、ランチ=11時~15時、ディナー=17時~22時。

フードワークス

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース