松屋銀座がルイ・ヴィトンの「トランク」に-村上隆さんが配色

松屋銀座とルイ・ヴィトンがコラボレートしたアートイベント。夜になるとさまざまな色の「モノグラム」が浮かび上がる。

松屋銀座とルイ・ヴィトンがコラボレートしたアートイベント。夜になるとさまざまな色の「モノグラム」が浮かび上がる。

  •  
  •  

 松屋銀座(中央区銀座3、TEL 03-3567-1211)は11月5日より、ルイ・ヴィトンジャパン(港区)とコラボレートしたアートイベント「スペシャル クリスマスデコレーション」を開始した。

 同イベントは同店の外壁をトランクに見立て、2003年に発表されたアーティスト・村上隆さんデザインによるカラフルな配色の「モノグラム・マルチカラー」を配置、30分ごとにイルミネーションが変化し、青や紫などさまざまな色のモノグラムが浮かび上がるもの。アートイベントとしては同店初の試み。

[広告]

 昨年9月、15億円を投じリニューアルを行った同店の外壁には17万6,400個の発光ダイオードが埋め込まれ、1,670万色の色彩を表現できる。イルミネーションの配色も村上さんが担当したという。

 同店広報担当者は「クリスマスなので何かできないかと考え、ルイ・ヴィトンさんへお話しをしたところ今回のコラボレーションが実現した」と話している。

 実施時間は日没30分前~24時。12月25日まで。

松屋銀座

  • はてなブックマークに追加