銀座三越、来年のバレンタインに100ブランド-ショコラコンシェルジュも

初の試みとしてチョコレートのアドバイスなどを行うショコラコンシェルジュが売り場に常駐する。

初の試みとしてチョコレートのアドバイスなどを行うショコラコンシェルジュが売り場に常駐する。

  •  
  •  

 銀座三越(中央区銀座4、TEL 03-3562-1111)は11月9日、来年1月下旬から行われるフェア「銀座三越バレンタイン2008」の内容を公開した。今年のバレンタインで全70ブランドをそろえた同店では、来年、100ブランドの展開を予定している。

 日本初登場となるエクアドルの「レパブリカデルカカオ」やモナコの「ショコラトリー・ドゥ・モナコ」のほか、「サレ(塩っぽい)」「エピセ(スパイスのきいた)」「ハイカカオ(カカオ使用分が高い)」チョコレートも登場する。「昨年好評だった」(広報担当の山田明美さん)というマカロンで知られる「ラデュレ」の品ぞろえも強化した。

[広告]

 新しい試みとして、今年10月にフランス・ベルギー・イギリスを巡りチョコレートについての理解を深めてきた「ショコラコンシェルジュ」(男性1人、女性1人)が売り場に常駐し、「何を選んでいいか分からない」利用客の要望に応えるという。

 ショコラコンシェルジュの加藤俊諭さんは「義理チョコをプレゼントするという時代を超え、自分へのご褒美や嗜好品として楽しむチョコレートが求められる時期」とし、「多くの人にチョコレートの楽しさを感じてもらいたい。特に男性にはお酒と一緒に楽しむチョコレートを知っていただきたい」と意欲を見せる。

 バレンタインフェアは来年1月22日~2月14日、8階バレンタインメーン会場と1階エントランスコート、地下1階ギンザフードガーデンで開催する。同フェアでは前年比15%増の売り上げを目指す。

銀座三越

  • はてなブックマークに追加