銀座に「十勝屋」2号店-北海道・十勝の食材を鉄板焼きで提供

12月3日にオープンした鉄板ダイニング「銀座十勝屋」店内の様子。

12月3日にオープンした鉄板ダイニング「銀座十勝屋」店内の様子。

  •  
  •  

 鉄板ダイニング「銀座十勝屋」(中央区銀座5、TEL 03-3248-1144)が12月3日、オープンした。同店は昨年、銀座・コリドー街にオープンした「お取り寄せダイニング十勝屋」の2号店で、十勝毎日新聞社と北海道ホテルが出資するグリーンストーリー(北海道帯広市)が経営する。

 店舗面積は47坪、客席数は57席。カウンターやテーブル席のほか、半個室や個室も用意する。「木のぬくもりを感じ、銀座らしい落ち着きのある内装」(同店)が特徴。「1号店で得た思いを胸に、さらに『地域発展』に貢献するため」(同店林真由支配人)、同店は1号店とは業態を変え、十勝の食材を鉄板焼きで楽しめるダイニングとした。

[広告]

 メニューは、北海道十勝厳選の牛肉を使った「十勝牛コース」(8,000円)や年間生産頭数わずか250頭の十勝褐毛和牛を使った「いけだ牛コース」(10,000円)、阿部正春さんが水、飼料、環境にこだわり育てた3歳未満のメスの黒毛和牛の北海道特選黒毛和牛「あべ牛コース」(15,000円)など。そのほか、「十勝豚の田楽みそ焼き」(2,000円)や「風呂吹き有機大根とフォアグラの西京焼き」(2,300円)などの単品メニューや、北海道噴火湾産のホタテ貝や十勝大樹町の秋鮭、厚岸産のツブ貝、蝦夷あわびなどの魚介類を提供する。

 林支配人は「十勝出身の私たちは、大平野や土のにおい、澄み切った空気が当たり前にそこにある環境で育った。寒い冬があるからこそ夏のありがたさを感じる。そんな自然の『当たり前』をシンプルに伝えるため、世界の中心と言っても過言でない銀座に『おいしい十勝』をブランディングさせていきたい」と意気込みを見せる。客単価は8,500円。

 営業時間は、ランチ=11時30分~14時、ディナー=17時30分~23時。

コリドー街に「十勝産」食材が取り寄せできるダイニング(銀座経済新聞)十勝屋

  • はてなブックマークに追加