天気予報

14

7

みん経トピックス

デビアス横に伊高級ブランド銀座で『ひとつぼ展』

企画展「ナガオカケンメイの考え」-注目デザイナーを立体的に紹介

  • 0
企画展「ナガオカケンメイの考え」-注目デザイナーを立体的に紹介

バイクのシートに4本脚のフレームを接合した「サンプリングファーニチャ」。

写真を拡大 地図を拡大

 日本デザインコミッティー(中央区、以下=JDC)は2月20日より、松屋銀座(中央区銀座3、TEL 03-3567-1211)7階デザインギャラリー1953で「ナガオカケンメイの考え」展を開催する。

 昨年秋に、JDCのメンバーに名前を連ねたナガオカさんはグラフィックデザイナーとして活躍する一方、1997年「ドローイングアンドマニュアル」(東京都世田谷区)を設立し、ロングライフデザインをコンセプトに据えるセレクトショップ「D&DEPARTMENT」の運営、ユーズドの「Gマーク商品」の見直し、60年代の「カリモク」家具や雑貨などの買い取り・販売など多岐にわたり活動を展開する。

 同展はナガオカさんの仕事を7つのカテゴリーに分類し、その「考え」を分かりやすく展示するほか、「デザインは商品であり、それは販売に直結している。売れることがデザインには必須である」というナガオカさんの考えを反映し、展示する作品すべてに価格を明示し販売も行う。

 開催時間は10時~20時。3月17日まで(最終日は17時閉場)。

ホンダのメーター11機を実物展示-インターフェースデザイン展(銀座経済新聞)隈研吾さんと原研哉さんがトークショー-「55houses」開催記念で(銀座経済新聞)日本デザインコミッティー松屋銀座D&DEPARTMENT

グローバルフォトニュース