食べる

銀座のスターバックスでリサイクルアート展-「DEBLI」とコラボ

真っ白なキャンバスに見立てられた陶器の動物たちが、新たなアート作品として生まれ変わった

真っ白なキャンバスに見立てられた陶器の動物たちが、新たなアート作品として生まれ変わった

  •  
  •  

 「スターバックス コーヒー 銀座マロニエ通り店」(中央区銀座3、TEL 03-3567-5713)で7月1日より、リサイクルとアートの融合を掲げ活動を行う「DEBLI Project」と共同アート展「DEBLI Project Art ツアー 2008」が始まる。

 

 同展は、これまでに繰り返し使用できるタンブラーの販売などを通じて「楽しみながらできる資源節約」を提案してきたスターバックス コーヒー ジャパン(渋谷区)が、国内外のアーティストが参加する「DEBLI Project」のコンセプトである「再利用=Re cycle(リサイクル)を越えた再創造=Re create(リクリエート)」に賛同し開催に至った。

[広告]

 展示される素焼きの動物は、2005年に開催された「愛・地球博(日本国際博覧会)」瀬戸日本館に出品された西本剛巳(にしもとたけみ)さんの作品で、同博後、移設先が決まらず行き場を失っていたもの。一つひとつを真っ白なキャンパスに見立て、196人のアーティストによって色が加えられ、新しいアート作品として「リ・クリエート」された。

 同ツアーは、7月に札幌、8月に仙台・福岡、9月に大阪・神戸の約30店舗で、各20作品前後の展示が行われ、10月に再び同店に「動物たち」が集まる。また、会期中に店舗で通常ゴミとして処分されるスリーブなどを回収して作られたアート作品も同ツアーを終えた「動物たち」とともに展示される予定。

 同店の営業時間は7時~22時(金曜・土曜は22時30分まで)。10月28日まで。

スターバックス・ロゴマーク「人魚の棲む世界」を表現−銀座でアート展(銀座経済新聞)タンザニアのアートと音楽を紹介−スターバックス店内で企画展(銀座経済新聞)スターバックス コーヒー ジャパンスターバックス 銀座マロニエ通りDEBLI Project

  • はてなブックマークに追加