銀座のダーツバー、メード接客取り入れリニューアル-アニメトークも

個性豊かなメードスタッフが来客を迎える

個性豊かなメードスタッフが来客を迎える

  •  
  •  

 銀座2丁目交差点近くのダーツバー「GIRLS NEXT PHI(ガールズネクストファイ)」(中央区銀座2、TEL 03-5159-8324)が3月15日、メードによる接客を取り入れリニューアルオープンした。

白一色で仕上げた店内

 2003年にオープンしたダーツバー「ラウンジファイ」が前身。ダーツブームの「波に乗って」開店し満席が続くなど人気を集めたが、ブームの衰退とともに客足が減少。「ダーツ機能を残しながら何か新しいことができないか」(ファイコーポレーション社長の瀬端幸裕さん)と昨年、女性スタッフが接客するシステムを取り入れた。

[広告]

 その後、秋葉原でメード喫茶での接客に着想を得た瀬端さんが、スタッフの接客や衣装にメードスタイルを導入し、今回のリニューアルオープンにこぎ着けた。店内では来店客は「ご主人さま」「お嬢さま」と呼ばれ、メード役の女性スタッフから接客を受け、既存のダーツやカードゲームも希望があればメードとの勝負を楽しめるという。

 店舗面積は約30坪で、席数はカウンター8席を含め55席。ダーツは4台を置く。以前はDJブースなどもあり「クラブのようだった」という店内は昨年の改装で壁や床などを白に統一。照明にはシャンデリアを、仕切りにはレースのカーテンを使うなどして「結婚式の2次会」利用などにも対応する。

 リニューアルオープンから1カ月。在籍するメードスタッフは30人ほどに増え、1日6人程度が利用客を迎える。「スタッフは、アニメやフィギュアが好きな女性、ダーツがうまい女性など個性豊か。幅広いニーズに応えられる」と瀬端さん。「スタッフみんなで意見を出し合って、スタッフが楽しむことでお客さんにも楽しんでもらえる店にしていければ」とも。

 料金システムは、男性・男性のみのグループの場合は1人1時間で2,980円(ドリンク飲み放題含む)。女性・女性のみのグループ・男女混合グループの場合はテーブルチャージ1人600円に加えて1時間ごとに1オーダーが必要。ダーツ利用は1ゲーム100円~。ドリンクは生ビール(500円)など。

 営業時間は18時~24時(土曜・日曜は15時~)。

  • はてなブックマークに追加