買う

松坂屋銀座店にファストバッグブランド「SAVOY」-常時4千点品ぞろえ

白で統一した「SAVOY」の店内には、4千点のバッグが並ぶ

白で統一した「SAVOY」の店内には、4千点のバッグが並ぶ

  • 0

  •  

 松坂屋銀座店(中央区銀座6)に7月21日、バッグブランド「SAVOY(サボイ) 銀座店」(TEL 03-6280-6855)がオープンした。経営はサボイ(台東区)。

銀座店限定SAVOYバッグ

 サボイは2000年に創業。毎月500~700種の新作バッグをリリースし、常時5000点近くの種類を取りそろえる「ファストバッグ」ブランド。販売価格帯は2,000円~5,000円で、関東近郊を中心に直営店、アウトレット店など7店舗を展開する。

[広告]

 同店は表参道本店に続く「第2のブランド情報発信基地」(PR事務局担当者)としてオープン。銀座は「日本の商業の中心地」とし、今回の出店をアジアを中心にしたブランドの世界進出への「足掛かり」と位置付ける。

 場所は松坂屋銀座店2階で、シューズブランド「ESPERANZA(エスペランサ)」が営業していたスペース。店舗面積は102坪で、アウトレット店を除けば都内最大の広さ。内装は白で統一し、アクセントカラーにピンクを使用。什器はガラスやアルミなどの素材を用い、明るい印象に仕上げた。

 店内では「セクシー&グラマラス」「カジュアル」「モダンベーシック」など幅広いテイストで常時4000点以上のバッグを展開。オープン記念として、ジャガード織り、フラワーデザインのハンドバッグで、シェル風のモチーフが特徴の銀座店限定バッグ(4,095円)も取り扱う。

 現在、浴衣での来店客先着100人に非売品バッグを進呈するキャンペーンも行っている。

 営業時間は10時30分~20時。

 なお、松坂屋銀座店を含む銀座6丁目10番、11番エリアについては今月14日、J.フロントリテイリング(中央区銀座6)、森ビル(港区)らが再開発を目的とした都市計画案を東京都に提出している。同エリアに大規模商業施設を建設する計画案で、松坂屋銀座店の取り壊しを前提とするもの。解体着工は2013年を予定。