3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く 学ぶ・知る

築地場外で「秋まつり」-「ターレー」試走、タイやヒラメの釣り大会も

昨年は約5万人が来場した「築地秋まつり」

昨年は約5万人が来場した「築地秋まつり」

  • 0

  •  

 築地場外市場で10月8日・9日の2日間、「2011 築地秋まつり」が開催される。主催はNPO法人「築地食のまちづくり協議会」加盟5団体。

会場には特設イケスで釣り大会も

 秋まつりは2000年にスタートし、1日のみの開催だった昨年も約5万人が来場するなど人気を集める恒例企画。築地場外市場エリアでは店頭に掲げる「赤いちょうちん」を目印に、約400店舗がひしめく場外市場全体で「秋の味覚」をアピール。昨年完売した「お買い物チケット」(1,000円で販売し、1,100円分に相当)は1万5000セットを販売するほか、通常価格500円以上の商品を500円で販売する「ワンコインセール」は、秋まつりでは初めての開催となる。

[広告]

 ワンコインセールに並ぶのは、マツタケ(「蟹倶楽部」、50個)、秋の味覚3貫握り(「築地すし鮮会館店」、100セット)などの季節商品から、大サイズのクーラーバッグ(「パッケージタカタ」、100個)、金ごまドレッシング1リットル(「ともゑ食品」、24本、以上8日のみ)、包丁研ぎ直し券600円分(20枚、「東源正久」)など築地ならではの商品まで幅広い。参加店舗は約100店で、「ワンコインセール参加店」と書かれた短冊が目印。

 小田原橋駐車場(中央区築地6)では「食育」「被災地支援」をテーマに複合イベントを実施する。通常は荷役用に利用する運搬車で、円筒形の動力部が特徴の「ターレットトラック(通称=ターレー)」の荷台に乗ることができる「復活!乗ってみようターレーダビッドソン」(8日)や、特設いけすにタイ、ハマチ、アジ、ヒラメを放つ「築地黒潮釣り大会」(9日、9時~、先着900人、大人500円など)などの参加型イベントを予定。

 チャリティーバンド「フードリング」を使った輪投げや、「チャリティー炊き出し」「築地弁当」の販売では、収益金全額を東日本大震災の支援活動の資金に充てる。そのほか、特設「青空休憩所」では場外市場のサテライト店が物販や軽食の提供、ソフトドリンクや生ビールの販売を行う。

 同NPO事務局長の鹿川賢吾さんは「毎週土曜に開催している復興支援の『スマイル土曜市』とも連携し、盛りだくさんでとてもにぎやかな祭りになるので、家族で築地に遊びにきていただければ」と話す。

 小田原橋駐車場でのイベント開催時間は9時~15時。