食べる

蛇口からミカンジュース?-都市伝説にちなみ有楽町駅前で愛媛県が企画

蛇口から出てくるミカンジュースに老若男女が足を止めている

蛇口から出てくるミカンジュースに老若男女が足を止めている

  •  

 ひねるとミカンジュースが出てくる蛇口が11月9日、JR有楽町駅前広場(千代田区有楽町)に期間限定で設置された。

にぎわいを見せるミカンの販売ブース

 愛媛県が主催し同県の観光・物産をアピールする複合イベント「愛のくに 愛顔のえひめ フェスティバル」の一環。「愛知県に間違えられることもよくある」という愛媛県が首都圏での認知向上を目指して実施するもので、昨年の秋葉原に引き続いて都内で2回目の開催となる。

[広告]

 特設ステージでは、声優・水樹奈々さん(9日)、芸人・友近さん(10日16時~)、女優・宮本真希さん(11日14時~)など同県出身の「いよかん大使」が登壇してライブやトークショーを展開。周辺に特設したテントでは、じゃこ天や郷土菓子・志ぐれ、ミカンジュースなどの特産品や、水産加工品、ミカンなどを販売。今年のミカンは「甘味と酸味のバランスがいい」といい、試食用に振る舞って県産ミカンをアピールする。

 有楽町に初登場したミカンジュース蛇口。「愛媛県の家庭には、ひねるとポンジュースが出てくる蛇口がある」という「都市伝説」にちなんだもので、話題作りを狙って実現。同種の蛇口はこれまで、松山空港のロビーなどに臨時設置され話題を集めてきた。

 同日14時から、先着100人がミカンジュースを蛇口から紙コップに注ぎ、無料試飲を楽しんだ。蛇口前には人だかりができ、集まった老若男女が順にジュースを注いで20分程度で終了した。無料試飲は今後、10日・11日の10時30分~・12時30分~(11日は12時~)、15時~の6回実施。期間中、延べ800人がミカンジュースを試飲する見込み。

「愛媛と言えば『ミカン』。都市伝説でもある『ミカンジュース蛇口』でおいしいみかんジュースを試飲してもえれば」と愛媛県観光物産課の増本勝巳係長。「旬のミカンなどの特産品販売コーナーや、ゆるキャラ『バリィさん』の来場もあり、盛りだくさんの内容でお迎えするので、ぜひ足を運んでもらいたい」とアピールする。

 開催時間は10時~18時。今月11日まで。