3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 暮らす・働く

歌舞伎座タワーに「歌舞伎座ギャラリー」-歌舞伎コスプレできる写真館も

スタジオアリス歌舞伎写真館の扮装メニュー「京鹿子娘道成寺 白拍子花子」(4月・5月限定)

スタジオアリス歌舞伎写真館の扮装メニュー「京鹿子娘道成寺 白拍子花子」(4月・5月限定)

  • 0

  •  

 歌舞伎座タワー(中央区銀座4)5階に4月24日、「歌舞伎座ギャラリー」がオープンした。

歌舞伎俳優の中村梅玉さんと松竹取締役の岡崎哲也さん

 同ギャラリーは歌舞伎座の屋上庭園を臨む場所に位置する展示スペースとイベントスペースがメーンとなる施設で、歌舞伎を中心に日本の伝統文化の魅力を国境や世代を超えて発信することがコンセプト。

[広告]

 オープニング展示となる「歌舞伎の美 春」では、歌舞伎の舞台を作る設計図となる「道具帳」のコレクション、「歌舞伎のなかの桜」と題した歌舞伎の桜の名場面のダイジェスト映像、「京鹿子娘道成寺(きょうかのこむすめどうじょうじ)」の白拍子花子(しらびょうしはなこ)の衣装やかつらなど、春の歌舞伎にまつわる資料を展示・上映。

 オープン記念トークショーでは歌舞伎俳優の中村梅玉さんが「歌舞伎は総合芸術であり世界に誇るもの。ギャラリーの展示を見て歌舞伎に興味を持ってもらい、生の舞台を見てみようかという入り口になれば」と、新スポットへの期待を語った。

 同ギャラリーと同じフロアには、隈研吾さんの設計による約2000本の竹を使って茶禅の世界を表現した日本茶カフェ「寿月堂 銀座歌舞伎座店」、「歌舞伎座ティラミス・チョコ」や一筆箋、ポストカードなどのオリジナルグッズを販売する「お土産処 楽座」のほか、「スタジオアリス歌舞伎写真館」も同時オープン。

 同写真館は歌舞伎の登場人物に成りきって撮影ができる「歌舞伎なりきりプラン」が売り物で、町娘、若侍など通年メニューのほか、公演ごとの限定扮装(ふんそう)メニューも提供。4月と5月は歌舞伎座の演目にちなんだ「京鹿子娘道成寺」の白拍子花子や「三人吉三巴白波(さんにんきちさともえのしらなみ)」のお嬢吉三(おじょうきちさ)の扮装が用意され、同スタジオ内舞台背景の前で撮影できる。営業時間は10時~19時。

 ギャラリーの開館時間は10時~18時。