天気予報

11

-1

みん経トピックス

銀座で「安西水丸展」松屋銀座で「北海道展」

銀座・数寄屋橋で国産農産物のチャリティー頒布会-ナイルさんの銀座鍋も

  • 0
銀座・数寄屋橋で国産農産物のチャリティー頒布会-ナイルさんの銀座鍋も

「美味しい国産農産物チャリティー頒布会~野菜も美味しい銀座~」の過去の開催風景

写真を拡大 地図を拡大

 数寄屋橋公園宝くじ売り場(中央区銀座4)前で11月1日、「美味(おい)しい国産農産物チャリティー頒布会~野菜も美味しい銀座~」が開催される。主催は銀座料理飲食業組合連合会。

 同催しはBSE(狂牛病)問題が発生した際に、同連合会会員店を訪れる客から食の安全・安心についての不安の声が上がったことがきっかけで、「会員店が安全な食材を使っていることを周知する方法」として、実際に会員店で使っている国産野菜を配布したことが始まり。2001年が第1回で、今回が14回目となる。

 同会理事長の石倉悠吉さんは「この催しは毎年楽しみにしてくださっているリピーターの方も多く、年を追うごとに開始前から会場にお集まりくださる方も増えてきている」と話す。

 今回参加するのは、アンテナショップを含め、茨城県、岩手県、大分県、岡山県、沖縄県、熊本県、群馬県、高知県、埼玉県、鳥取県、長野県、福井県、北海道、山梨県の1道13県。各地域の農産物を100円以上のチャリティー価格で販売し、収益は中央区社会福祉協議会に寄付する。

 北海道産のジャガイモ、タマネギ、福井県産のサトイモ、トマトジュレ、長野県産のリンゴ、ぶなしめじ、エノキタケ、高知県産のニラ、ショウガ、大分県産のカボス、乾シイタケ、沖縄県産のシークヮーサーなどの販売を予定している。

 今年は初の試みとして、「ナイルレストラン」(銀座4)の店主、G.M.ナイルさんが国産野菜を使って作ったカレー風味の「銀座鍋」を200食限定で来場者に振る舞う。

 「銀座の飲食店と参加する自治体、アンテナショップがタッグを組んで、国産野菜と果物のおいしさをPRする。それぞれのこだわりにも耳を傾けて産地直送の本物のおいしさをお持ち帰りいただき、味わっていただければ」と石倉さん。

 開催時間は12時~16時。入場無料。

グローバルフォトニュース